海外でも大人気のマクロビオティック(マクロビ食)って?

マクロビオティック

マクロビオティックって言葉を聞いたことはありますか?聞いたことはあるけど説明出来ない人も多いのでは?

近年人気の『糖質オフダイエット』の影響もあり、マクロビオティックという言葉を聞く機会が増えてきています。欧米でもマクロビオティックが一般的になってきています。特にアメリカでは、マクロビオティックの人気が高く海外セレブなども、こぞって取り入れています。

マクロビオティック(概要)
  • 穀物菜食主義
  • 白糖禁止
  • と覚えておいてください。

マクロビオティックって何?

そもそもマクロビオティックって何でしょうか?簡単に説明すると『穀物菜食主義』、つまりベジタリアンに非常に近いです。

マクロビオティックの歴史

マクロビオティックが考案されたのは実は日本なんです。マクロビオティックの歴史を簡単に説明します。

マクロビオティックの発祥は日本

マクロビ食の原型は、明治時代の医師「石塚左玄」が考案した『食療』と呼ばれる食事の考え方なんです。

「宇宙万物は陰陽より成る」という陰陽の法則「無双原理」に基づき、穀物菜食中心の食生活をすることで、健康で幸福に生きることを目指す。

このような考え方をベースにして、穀物中心の質素な食事こそ健康に良いとしています。

日本から海外へ

1940年代になると久司道夫氏によりアメリカのボストンを中心にマクロビオティックの普及活動を始めました。

『その土地の風土にあった穀物を食べなさい』

この考え方はセレブを中心に話題となり人気に火がつきました。今でもボストンやロサンゼルスだは、ベジタリアン向けのレストランが多く存在しています。

マクロビ食の良い点

バランスが良い食事

マクロビ食のメリットは何でしょうか?

糖質オフ

マクロビ食では糖質オフを期待できる。

マクロビオティックでは、白米や精製小麦粉を食べることは禁止されています。穀物類は、玄米や全粒粉の小麦粉などを食べることが推奨されています。

白米や精製小麦粉といった白糖の摂取を禁止しているので、GI値(血糖値上昇指数)が低い食事になります。話題になっている『糖質オフダイエット』や『食べる順番ダイエット』と同じ効果をマクロビ食に期待できます。

参考:【低GI】食べる順番ダイエットを成功させる方法

野菜のバランスも良い

マクロビ食の基本は「一汁三菜」です。「一汁三菜」は、和食の基本的な概念で、汁物と3種類の野菜メインのおかずを意味しています。

この献立は、野菜を多くとれるヘルシーメニューとして評価が高いです。また汁物があるので発酵食品である味噌などもとれることが魅力です。

マクロビ食は、野菜が多く味噌などの発酵食品もとることが出来るので、野菜などからとるべき栄養バランスは良いとされています。

マクロビ食の欠点

理想的な食事に見えるマクロビ食ですが、栄養的な欠点はあるのでしょうか?

栄養学的な観点からはマクロビ食は、タンパク質やビタミンB類の不足が指摘されています。

厳密なマクロビ食では、動物性タンパク質である肉類や魚介類を食べません。そのためにタンパク質やビタミンB類といった、本来は動物性の食べ物からとるべき栄養が不足します。

タンパク質やビタミンB類の不足を補うには

近年の流行しているマクロビ食では、この点が改良されています。

「身土不二」(土地柄、季節に合ったものを食べる)というマクロビ食の概念を守りながら「一汁三菜」の中に動物性タンパク質をプラスしています。

その時期にあった旬なもの、育て方にこだわったオーガニックなものを中心に肉類や魚介類を取り入れているマクロビ食が主流となっています。

日本でのマクロビ食

日本のマクロビオティック

日本でもマクロビ食を提供するカフェやレストランが増えてきています。またマクロビ食と通常メニューの両方を出すお店や、マクロビ食の良い考え方を取り込んで独自にアレンジしているお店も登場してきています。

普段の生活で取り入れるには?

マクロビ食を完全に日常生活に取り入れることは、難しいですよね。普段の生活では、1日~数日限定でマクロビ食を取り入れてみましょう。マクロビ食を実践している期間でも厳密にマクロビオティックを実践しなくてはいけないわけではありません。

マクロビ食で動物性タンパク質を食べることをやめると、デトックス効果が期待できます。もちろん低GI食品が中心の食事となるので脂肪蓄積が控えられ減量などのダイエット効果も得ることが出来ます。

最後に

マクロビ食は肉類魚介類が苦手な方や健康志向の強い方を中心に、需要が高まってくるでしょう。一般の方にもオススメ出来る食事なので、休日などにマクロビ食のレシピやレストランを除いてマクロビオティックを体験してみては?