ダイエット革命!おやつを食べて痩せるダイエット

おやつダイエット

ダイエット中に『おやつは厳禁』がルールですよね。でも、我慢をしていた反動でダイエット後やダイエット中に意志に負けて、どか食いをしちゃって公開中した経験ってありませんか?

実は、この我慢からくるどか食いって、人間の本能的な行動なんです。今回は、『本能に逆らっているうちはダイエットに成功しない』という考えを実践したストレスを貯めずに、お菓子を我慢しない簡単ラクチンダイエットを紹介します。

ダイエット中に甘いものが食べたくなる理由

ダイエット中に甘いものが食べたくなる理由

甘いものを食べたくなるのはなぜ?

どうして甘いものを食べたくなるのでしょうか?人間には「エネルギーを蓄えたい」、「痩せるのは危険」という飢餓に備えた防衛本能が備わっています。

糖質(炭水化物も含めて)は素早くエネルギーになるので、エネルギー源として優れています。だから、お腹が空くとエネルギーを求めて炭水化物や甘いものが食べたくなるんです。お腹が空いて炭水化物や甘いものを食べたいと思うのは意志が弱いからではなく、生理的に仕方がないことなのです。

『日中に空腹を感じたら食べる』→ダイエット成功率アップ

ダイエット中だからといって空腹をずっと我慢していると、低血糖状態になります。低血糖状態で糖質を欲するのは生理的に同然の欲求です。

でも低血糖状態で糖質を食べてしまうと、少量の糖質でも血糖値濃度が急激に上昇しインスリンが大量分泌されます。インスリンは糖質を脂質に変えて蓄える働きがあります。低血糖状態では、少量の炭水化物やスイーツでも脂肪になりやすいのです。

また急激に上がった血糖値は、下がり出すのも早いです。人は血糖値が下がるタイミングで空腹感を感じます。食べたばかりで、すぐに空腹感を感じることがあるのは血糖値の降下が理由です。

少しの炭水化物やスイーツを食べると止まらなくなって、また食べてしまう原因も同じ理由です。

1日の食事の間に空腹感を感じたら我慢し続けるよりも、少しのおやつを食べた方が痩せやすいそうです。その時のおやつは、スイーツや炭水化物よりも、ナッツ類や脂質の少ない肉類の方が良いそうです。

唐揚げを食べるとやせる?

唐揚げを食べるとやせる?

栄養学の視点から『おやつ』を考えると、ケーキなどのスイーツよりも、同じカロリーなら唐揚げの方が太りにくいそうです。

ポイントは、『糖質を抑えてタンパク質や脂質をとることが大事!』なんです。

適度なタンパク質と脂質を食品からとると、体の燃焼系が蓄えられている脂質をエネルギー源にするようになるそうで、効率的なダイエット効果を期待できるそうです。

でも唐揚げは、カロリーが気になるという女性は多いですよね。私もおやつに唐揚げを食べるのは気が引けます。そんな方は、チーズやゆで卵、大豆製品がオススメです。タンパク質が豊富で適度に脂質が入っています。

またタンパク質は体で分解されてアミノ酸になります。分解されたアミノ酸は、今度は私たちの細胞のタンパク質として再利用されます。タンパク質をとることで細胞の新陳代謝が高まります。お肌の細胞も活性化するので、美容にも良い影響があるそうですよ。

最後に

ダイエット中にスイーツが欲しくなるのは、人の本能。ダイエットに必要なのは“我慢”ではなく、何が味方で何が敵かを知っておく“知識”なのかもしれませんね。