ダイエットで迷った自分にする5つの質問

やる気

ダイエット中に挫けそうになること、一度は経験をしたことがありますよね。

例えば、

  • 食べ物の誘惑に勝てなさそうなとき
  • 思い通りに体重が減っていかないとき
  • ダイエットをする目標を失ってしまったとき

ダイエットは継続してこそ、成功するもの。そんな事は、わかっていてもダイエットを継続する自身や意志がなくなってきたとき、自分自身に問い合わせてみて欲しい質問があります。

やる気がわいてくる5つの質問

ダイエットが辛い、もうやめようかなって思ったとき、あなた自身へ問い合わせてみてください。

ダイエット以外にも、仕事や恋愛で悩んだときも使える質問ですよ。

「あなたはなぜ痩せたいと思うのですか?」

ポイント

最初の質問で、あなたがダイエットを始めようと思った理由を思い出しましょう。あなたがダイエットという選択を決めた理由は何だったでしょうか?

健康のため、好きなひとのため、お洒落のため、理由は人それぞれだと思います。でも、「痩せたいと思ったきっかけ」はあなたをダイエットに向かわせた強いモチベーションの源のはず。

人間は不思議なもので、想像以上に忘れやすい生き物です。元々は、目的が、あってダイエットを始めたのに、途中からダイエットで痩せること自体が目的になってしまっていることがよくあります。

まずはダイエットを始めた目的を思い出してください。

「ダイエットをする事、あなたのやる気を10段階で表すとどれくらい?」

ポイント

10段階で最大を10として答えてみてください。

7か8の方が多いのではないでしょうか?

10ですと自信を持って答えられなくてはいけない訳ではありません。あなたが思いついた数字を言ってみることが大切です。

改めて見返してみて、予想より高い数字なら自分のやる気に改めて気がつくでしょう。また低めの数字なら、今はまだダイエットがあなたにとって重要な問題ではないことに気がつき、少し気が楽になるはずです。

そして、やる気は毎日、さらには毎時間、変わるものです。やる気が変化する事に気がつくはず。やる気がでないとき、今はそんな時期、と思えるようになると、やる気がでないことで落ち込まなくなります。

「直前の質問で、もっと低い数字を答えなかったのは何故?」

ポイント

もっと低い数字がポンイトです。

普段の生活の中で、ダイエットがあなたの中でどれくらいの位置であるかを認識してみてください。

普段の生活で、ダイエットよりも、優先度になっているものがあることに気がつくはず。ダイエットの優先度が、ある程度、あなたの中で高い位置にあることを認識できるはず。

先ほどの質問でダイエットのやる気が2や3と低めに答えた人も、他のことと比べてやる気が出てくるようになりませんか?

「ダイエットに成功したあなたを想像したください。どんな嬉しいことがまっていますか?」

ポイント

ダイエットに成功した自分を思い浮かべてください。

目的を達成するためには、目的を達成することで何を得ることができるのかを意識する事が重要です。

そして、この質問を考えることはポジティブで楽しい気分になります。楽しく前向きにダイエットを継続させることが出来るようになります。

「どうして先ほどの良いことは、あなたにとって重要なのですか?」

ポイント

この質問は、少し最初の質問から言い回しを変えただけの質問です。最後のこの質問で、「どうして痩せたいか」と「痩せるとどんな良いことがあるか」を結びつけます。

このようなステップを踏んでいくことで、あなたの中で「やる気」と「成果」が結びつきます。

まとめ

ダイエットで迷った自分にする5つの質問

私は、ダイエットの相談を受けたとき、この質問を最初にします。最初にこの質問をしておき、ダイエットに躓いたときや、迷いがでたときに、同じ質問を投げかけます。そうすると、改めて強い意志を持ってダイエットに取り組める方が多いのです。

この質問手法は「リフレクション」(繰り返し)と呼ばれており、目的を達成した自分を具体的に想像できるようになり、やる気が高まります。

自分自身に問いあわせるセルフ質問としても活用できるので、「ダイエット、続けられないかも」って思ったときには、一度あなた自身に問い合わせてみてください。