「チネイザン」で体の不調を解消!

心配事や憂鬱な気分の時、食欲を感じなかったり、逆に過食気味に、なってしまったり、そんな経験はありませんか?

チネイザンで心も身体も健康になる

ホリスティックビューティーセラピスト Yuki
古代中国では、感情の乱れが内蔵を傷つけたり、逆に内蔵が弱まると感情が乱れるといった考えがあります。感情と内蔵に密接な関係があるという、考えです。

古代中国医学では、この感情の乱れと内蔵の弱りを解消するための腹部マッサージを「チネイザン(氣内臓)」と呼んでいます。

もともと古くから伝えられているチネイザンは、他の人にマッサージしてもらうものでした。これを自分でマッサージできるように現代風に改良したものが、少しずつ人気が広まりつつあります。

このチネイザンを日本の現代女性向けにに改良した方がホリスティックビューティーセラピストのYukiさんです。Yukiさんの考案した「Yuki式チネイザン」は、デトックス効果やむくみ、冷え性といった現代女性の悩みを解決できるマッサージ方法です。

具体的な方法は、Yukiさん著書の「キレイを呼ぶ 氣内臓(チネイザン)デトックスマッサージ」に書かれていますが、多くの女性が感じる体の不調を解消するための腹部マッサージを自分でやる方法が詳しく紹介されています。

キレイになれるチネイザンですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

チネイザンの5つのメリット

デトックス効果

デトックス

便秘の改善やシェイプアップ効果が、期待できます。内蔵の働きを良くするので、お通じが出やすくなり、身体本来持っているデトックス効果が高まります。

身体から老廃物がでやすくなるので、お腹周りのシェイプアップにつながったり、肌荒れが解消される方もいらっしゃるそうです。

冷え性とむくみの改善

冷え性

冷え性やむくみの原因の1つに、お腹の冷えがあります。チネイザンで腹部のマッサージをおこなうと、内臓の働きが整い体の冷えが解消されて冷え性が改善されます。

またデトックス効果があるので、身体の老廃物が排出され、むくみの解消にもつながります。



肩凝り、腰痛、偏頭痛の解消

肩こり

内臓の働きが高まると血の流れも強まります。血の流れ、つまり血行がよくなると、血行不良が、原因で発生する肩凝り、腰痛、偏頭痛も解消されるそうです。

不眠や不安、イライラの解消

不眠

チネイザンには、もともと感情の乱れを整える働きがあります。

ストレスの多い現代社会で生きる私たち、チネイザンは心を落ち着かせ、心配事で不安になった気持ちを落ち着かせたり、イライラした気分の高まりを鎮めてくれたり、ぐっすりとした安眠の手助けをしてくれたりとメリットが盛りだくさんです。

気軽にいつでもどこでも

いつでも

チネイザンは、少しの時間で座ったままでも実践できます。仕事中のオフィスや、学校、家事のちょっとした合間でも、いつでもどこでも出来るのは、嬉しいし長続きしますよね。

まとめ

現代社会を生きる女性が抱える身体の悩みをリセットしてくれるチネイザン、しかも美容効果も、期待できます!

あなたの毎日の生活に新しく取り入れてみてはいかが?

参考文献

キレイを呼ぶ 氣内臓(チネイザン)デトックスマッサージ

TAO(道教)に伝わる気功療法「チネイザン」とは、お腹にタッチをし、各内臓に気をめぐらせて、内臓を本来の状態にするというマッサージ法。「チネイザン」を続けると、身体の中の老廃物や悪い気が排出されるというデトックス効果が得られます。 本書では、「チネイザン」に、ヨーガ、陰陽五行、タイ式マッサージ、マクロビオテックなどを融合させた、著者オリジナルの「セルフチネイザン」を紹介。陰陽五行に基づく「肝・心・脾・肺・腎」にマッサージをする「静のチネイザン」、ヨーガやストレッチによって内臓を刺激する「動のチネイザン」、「生理不順」「冷え性」など体の不調別に行う「スペシャルチネイザン」、月の満ち欠けや、季節の変わり目など暦を意識した「ナチュラルチネイザン」などを、著者自身がモデルとなり、写真プロセス入りで解説していきます。

<すっごい実践編だった!>
前著がよかったので今回も購入してみました。
前もおもしろく、良かったのですが、今回はさらにチネイザン実践編という感じで相当な情報量があります。
心と内臓のつながりのお話や陰陽五行の説明も詳しいし、ポーズや指圧をする位置など、写真付きで解説されていて
とても解りやすいです。解りやすいのですが、あまりの情報量に若干挫折気味になるかと思うくらい。
すこしずつしか進めないので長く楽しむことになりそうです。

<一家に一冊!>
エクササイズはなかなか続かないのがいつも悩みのタネ。
本書にある体や心の不調に合わせたチネイザンの静と動のエクササイズがとても興味深かったです。
呼吸法から、お腹に手を触れてあげるだけの簡単なエクササイズ、体をしっかり動かせるものまで自分のその時の気持ちや体調に合わせて出来そう。
エクササイズだけでなく、食事の取り方や、月のリズムに合わせた過ごし方もとても参考になりました。