注目され始めた「肩甲骨ダイエット」

肩甲骨ダイエット

「骨盤ダイエット」を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

多くのメディアでも話題になっている骨盤ダイエットですが、次に注目されているのが「肩甲骨」です。肩甲骨の動きをスムーズにすると、3キロ痩せる効果があると言われています。

今回は、「肩甲骨ダイエット」の効果とやり方を紹介していきます。

「肩甲骨ダイエット」をご存知ですか?

「骨盤エクササイズ」や「骨盤ダイエット」は、多くのメディアで取り上げられているので、ご存知の方も多いかもしれません。でも、「肩甲骨」と聞くと肩こり?のイメージが強いかもしれません。メディアでも今までは、肩甲骨と骨盤の関係を取り上げていることは少なかったです。

ところが「肩甲骨」は「骨盤」ととても深い関係があります。今あなたがおこなっているダイエットの効率をあげることができる重要なパーツが肩甲骨なんです。

今回は「肩甲骨」の役割やストレッチ&矯正方法を紹介します。理想的な肩甲骨を手に入れて痩せ体質を手に入れましょう。

ダイエットで注目するなら「骨盤」の次は「肩甲骨」!!

肩甲骨の場所

「骨盤」の正しい場所をご存知ですか?

両手を背中にまわして、肩の下の当たりに出っ張ってる骨、これが「肩甲骨」です。出っ張っている場所を確認できたでしょうか?

「骨盤」と「肩甲骨」には深い関係があるんです。肩甲骨と骨盤には深い関係があります。

人間が二足歩行をできるのは、肩甲骨の可動域が広くなり骨盤が発達したからだと言われています。肩甲骨の可動域が広がると、深く関係している骨盤も開きやすくなり、歩行がスムーズになるそうです。

つまり、肩甲骨がスムーズに動くようになると、

  • 体の歪みや姿勢が正しくなる
  • 基礎代謝が上がり痩せ体質になる

こんな効果が期待できるんです。

更に、肩甲骨付近には褐色脂肪細胞と呼ばれる脂肪燃焼細胞が沢山あるんです。「肩甲骨がたくさん動く=脂肪燃焼効果」という期待を持つことができるんです。

褐色脂肪細胞って何ですか?
褐色脂肪細胞とは、別名で脂肪燃焼細胞と呼ばれています。脂肪を燃焼し体温を上げる働きをする働きをする細胞です。


褐色脂肪細胞は痩せ効果があるんですか?
褐色脂肪細胞は肩甲骨付近に集中し多くいます。肩甲骨をまわすと体がポカポカしてきますが、これは脂肪が燃焼し体が温まるからなんです。ダイエット効果が期待できると言えるでしょう。

「肩甲骨」の仕組みとダイエット効果!!

「肩甲骨」の仕組み

骨盤に開閉サイクルがあることをご存知ですか?肩甲骨にも骨盤と同様に開閉サイクルがあるんです。

骨盤と肩甲骨共に、排卵日を軸に2週間かけて徐々に開いていき、その後2週間かけて徐々に閉まっていくというリズムがあります。また、1日の中でも、夜になるにつれて開いていき、朝になるにつれて閉じていく開閉サイクルがあるんです。

肩甲骨が開いたり閉じたりするとどうなるの?

肩甲骨が開いた状態では、左右の肩甲骨が離れて背中が丸まって見えます。実際に背中を見てみると肩甲骨の場所が分からないくらい平にみえます。

逆に肩甲骨が閉じた状態では、肩甲骨同士が中央に寄っている状態で胸側が開いた状態になり、背筋が伸びてピンと張ったような状態になります。

是非、あなたの肩甲骨を朝と夜で比べてみてください。驚く程、違いがわかりますよ。

肩甲骨のダイエット効果

肩甲骨の開閉をスムーズにおこなわれるようにし、左右のバランスや歪みをなくすことで、体の軸がまっすぐになります。姿勢がよくなり、肩甲骨の可動域が広がるので、普段の生活でも脂肪燃焼量が高まり、脂肪燃焼効率が高い痩せ体質の体が出来上がるんです。

首やデコルテのむくみむ人は「肩甲骨」が固まっている

首やデコルテ

肩甲骨と骨盤の開閉は、背骨を通って連動して働きます。老廃物やリンパ液が溜まって、骨盤や肩甲骨の開閉サイクルが狂ってしまうと体の色々なところに変化がでてきます。

例えば、便秘や肌荒れ、更に言うと太りやすい体質の原因は、骨盤や肩甲骨の開閉サイクルの乱れにあるといわれています。

こんな悩みをお持ちではないですか?

  • 鎖骨がない
  • 首が埋まっている
  • 方周りがたくましい

上記の悩みは、骨盤と肩甲骨の開閉サイクルが乱れているのが原因かもしれません。

現代人は、長時間の座ったままでのパソコン捜査や、猫背や反り腰等の悪い姿勢で、上半身と下半身のバランスや左右の体のバランスが乱れやすい傾向にあります。

こんな方は、特に体のバランスが崩れ、骨盤と肩甲骨の開閉サイクルが乱れている可能性があるので注意が必要です。

でも、逆に言えば骨盤と肩甲骨を正しく矯正できれば、デコルテエリアや首周りの悩みが解決し、太りにくい痩せ体質が手に入るんです。

骨盤と肩甲骨を矯正し、バランスよく連動させるには、「肩甲骨ストレッチ」が有効です。

早速、「肩甲骨ストレッチ」のやり方を紹介していきます。

「1日3分 肩甲骨ストレッチ」のやり方

1日3分 肩甲骨ストレッチこの「1日3分 肩甲骨ストレッチ」は、

  • 普段はあまり動かさない肩甲骨部分の筋肉を効率よく動かす
  • 肩甲骨まわりについた贅肉を落とす
  • デコルテエリアや背中のラインをスッキリさせる
  • 二の腕のたるみ、ブラからはみ出る贅肉解消

こんな特徴があります。

特に「1日3分 肩甲骨ストレッチ」は、

  • 「華奢な鎖骨」
  • 「上品な長いネックライン」

をすぐに作り出せます。

あなたの周りの人から「最近、痩せたよね?」と言われる効果も期待できます。

本当に即効性があるのでストレッチの後に、鏡でチェックしてみてください。目で見てわかる程、違いが出ますよ。

1.片方の脚を上体の前に組んで立て、写真のように座る。この時重要なポイントは2つ。1つ目は両方のお尻が均等に床についていること、そして2つ目が骨盤をマットにしっかり立てること。さらに、背骨をスッと伸ばし、つむじが天井に向かって伸びていくようなイメージを持ちましょう。

2.両腕を上げ、耳の脇で固定する。そこから、はしごを1つ1つ登っていくような感覚で、「もうこれ以上限界!」という所まで、どんどん両腕を交互に上げていく。

3.腕を上げる時は肩甲骨から腕が伸びるよう意識する。また、お腹周りの力を抜くことなく、常に薄いお腹を心がけましょう。

4.限界まで腕を上げた状態から、肩甲骨をグッとお尻のほうに下げるようにして両肩を下げる。※肩が上がらないように注意! この時、写真のように首と腕の付け根の間に小さなボール1つ分の間隔を空けるようにするのがポイント。

5.両方の手のひらを外側に向け、肩甲骨をグルリと回すようなイメージで両腕を後ろから回していく。

6.回し終えたら、床にそっと両手の先を添える。鎖骨から両腕がはえているようなイメージで回すと効果的。

7.腕を上げながら上半身も浮かせていく。この時、お腹周りを意識しながら、フワッと体を浮かせるのがポイント。

8.腕は肩甲骨から動かすにように、伸びやかに上げていきましょう。以上の動きを脚を組み替えて1から繰り返す。

最後に

「肩甲骨」周辺には、リンパ腺や乳腺の循環を行う胸腺(胸の真ん中辺り)の根元があるとされています。つまり「肩甲骨」を動かすと、バストアップ効果が期待できるかも?

「肩甲骨」は「骨盤」と同じくらい。ダイエットや美容に重要な役割を果たすパーツなんです。

是非、骨盤と肩甲骨の開閉サイクルを多大くする為に、「1日3分 肩甲骨ストレッチ」を実践してみてください。

首長効果、デコルテすっきり、血行促進、便秘解消など多くの女性が持つ悩みが解消されますよ。毎日の生活の中に取り入れていくことが長続きのコツです。みなさんも無理をせずに「1日3分 肩甲骨ストレッチ」にチャレンジしてみてください。