ダイエットに不向き?いえ、実はダイエットに向いている意外な食材

ダイエットをするなら食べるべき意外な食材5選

ダイエット中なら食べるものにも気を使いますよね。アレはカロリーが高くてダイエットに不向きだから我慢。そんな経験も多いのでは?

実はダイエットに向いていなさそうな食材でも、ダイエット効果がある食材ってたくさんあるんです。

「ポイントは食べる量」にあるんです。今回は、食べる量に気をつけるとダイエット効果がある以外な食材を紹介します。

さくらんぼ

まずは「さくらんぼ」です。果物は果糖が多いので、ダイエットに不向きかと思われがちです。「さくらんぼ」も例外ではないでしょう。

脂肪燃焼効果

でも「さくらんぼ」には、脂肪燃焼を助けてくれるアントシアニンが豊富に含まれているんです。さらに「さくらんぼ」は、筋肉痛を抑える効果があるんです。脂肪燃焼効果と筋肉痛を抑える効果があるので運動中心のダイエットにチャレンジしている方は、「さくらんぼ」を食事に取り入れてみてください。

カマンベールチーズ

チーズはダイエットに良いと言われていますが、気になるのはカロリーですよね。チーズの中でも、カロリーが低くダイエットに向いているのがカマンベールチーズです。カロリーの高そうなカマンベールチーズですが、他のチーズよりも低カロリー。

〈参考 チーズ100gのカロリー〉
  • カマンベールチーズ・・・310kcal
  • クリームチーズ・・・346kcal
  • ゴータチーズ・・・380kcal
  • チェダーチーズ・・・432kcal
  • ブルーチーズ・・・349kcal

豊富な栄養

チーズで嬉しいのが栄養バランスの良さです。ダイエット中に不足しがちなタンパク質とカルシウム、ミネラルが豊富に含まれているのがチーズです。ダイエット中は栄養バランスを考えてチーズを一かけ食べてみるようにしましょう。

ステーキ

太るイメージの強い「お肉」ですが、赤身のお肉は意外と低カロリーです。またダイエットにはタンパク質は、欠かせない必須の栄養素です。肉文化の進んでいるアメリカでは、タンパク質のダイエット効果が注目されています。ハーバード大学の研究によると「タンパク質」と「脂肪燃焼」には、密接な関係があるそうです。

タンパク質が豊富

ステーキは100gで1日に必要な21gのタンパク質を摂取出来ます。先程のハーバード大学の研究結果では、毎日100gのステーキを食べると、食べないときよりもダイエットの成功率が上がったそうです。

パンプキンシード

かぼちゃは、でんぷん質が多くダイエットに向かない食材の代表例です。でんぷん質が多い食材は、GI値が高いのでダイエットには不向きです。

参考:【その1】リセットダイエット(基本)

オススメなのがパンプキンシード、つまり「かぼちゃの種」です。

タンパク質、食物繊維、マグネシウムが豊富

パンプキンシードには、タンパク質が豊富に含まれています。その量はヨーグルト以上です。更に食物繊維が多いのも嬉しいところ。食物繊維は、糖質の吸収を遅らせてくれるのでダイエット効果があるんです。

更に更に注目したいのがマグネシウムです。カルシウムを吸収するには、マグネシウムが必要だって知っていましたか?日本人に不足しがちなカルシウムですが、マグネシウムを摂る量が少ないことで上手くカルシウムを吸収出来ていないことが原因であると言われています。

良質な脂質も魅力

脂質と聞くと、ダイエット中にはちょっとと思う方も多いですよね。でも脂質は脂肪燃焼に必要なんです。ダイエット中は、良質な脂質を摂りたいところです。

パンプキンシードには、良質な脂質がたっぷりなんです。小腹が空いたときのおやつに試してみてください。

イワシ

今、ハリウッドでも注目されている日本人にお馴染みの食材、それが「イワシ」です。

美容効果に注目のビタミンD

イワシにはビタミンDが豊富に含まれています。ビタミンDは美容効果があり、ダイエット中に荒れがちになるお肌の味方です。どうせ痩せるなら綺麗に痩せたいですよね。

またビタミンDにはガンの予防効果もあるそうです。近年、イワシの価値が見直されてきているんですよ。

もちろんカルシウムも!

イワシというとカルシウムというイメージは強いですよね。もちろんイワシにはカルシウムがたっぷり。牛乳にも負けないカルシウムが含まれています。

最後に

ダイエット中だからっていって我慢していた食材も、食べる量を気をつければダイエットの見方に!食べ過ぎに気をつけて、きれいに効率的に痩せましょう。