脂肪燃焼スープダイエットを1週間試してみた効果は?

1週間の脂肪燃焼スープダイエット

ネットや雑誌で話題となっている『脂肪燃焼スープダイエット』にチャレンジしてみました。脂肪燃焼スープダイエットは、7日間で8kgも痩せたという驚きのダイエットです。今回、挑戦してもらったのは30代の鈴木さん(男性会社員)です。果たしてその気になる効果は?

結論から言ってしまうと、5kg以上の減量に成功しました。7日間で5kgの減量は凄いものがありますよね。今回は、『脂肪燃焼スープダイエット』を実践した鈴木さんの口コミをもとに実践方法や効果、感想をお伝えします。

脂肪燃焼スープダイエットとは?

脂肪燃焼スープは、もともと糖尿病患者さんの治療食として開発されました。栄養やエネルギーに気を配っていて、なおかつ減量が可能という食事メニューになっています。
この糖尿病患者さん向けの脂肪燃焼スープをダイエットで活用しているのです。

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

脂肪燃焼スープダイエットのやり方は、とても簡単です。これから紹介する脂肪燃焼スープを中心とルールを守り食事をとっていくだけです。
早速、脂肪燃焼スープのレシピとルールを紹介していきます。

脂肪燃焼スープのレシピ

脂肪燃焼スープの材料
  • 玉葱大3個
  • パプリカ(ピーマン)1個
  • セロリ太いのを一本
  • キャベツ半玉
  • ホールトマト1缶
  • チキンスープの素1個
脂肪燃焼スープの作り方
  • 野菜を食べやすい大きさにカットする
  • 材料と材料が浸るくらいの水を全て大な鍋に入れる
  • 好みの硬さまで野菜を煮る
  • 食べる時に塩胡椒やカレーパウダー、チリソースなどで味付けをする

脂肪燃焼スープダイエットでは、野菜スープを食べる量は自由です。鈴木さんの場合は、このスープを7日間で2.5回分の量を作ったそうです。味付けは塩胡椒を中心に飽きてきたら、カレーパウダーやチリソースをちょい足して飽きることを防止しました。

脂肪燃焼野菜スープのダイエット効果

脂肪燃焼スープの野菜には脂肪燃焼効果や減量効果の高い食材がたくさん。簡単にダイエット効果を紹介します。

キャベツ
食物繊維が豊富です。体の中に溜まった老廃物の排出に活躍します。また食物繊維は糖質の吸収を抑えて食事による血糖値上昇を抑えてくれます。
参考:【低GI】食べる順番ダイエットを成功させる方法
またビタミンUが豊富です。ビタミンUは粘膜を増やしてくるので風邪をひきにくくなります。

タマネギ
タマネギには、ビタミンB1やビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB1やビタミンB2は食べ物を消化しやすくする働きがあります。同じ食事を下場合、タマネギを食べると太りにくくなります。
またタマネギに含まれている硫化アリルと呼ばれるツーンとする元の成分は、体を温めてくれる効果があります。基礎体温を上げる働きがあるので、こちらもダイエット効果があります。
参考:【-3kg】女性は基礎体温を上げるだけで痩せる!

セロリ
セロリにはミネラルが豊富に含まれています。ダイエット中に不足しがちなミネラルを補ってくれます。
その中でも特に注目したいのがカリウムです。カリウムにはむくみ解消効果があるんです。カリウムは、むくみの原因となるナトリウムを排出する作用があります。

トマト
トマトにはトマトの赤色を生み出しているリコピンが豊富に含まれています。リコピンは新陳代謝を高め痩せ体質を作るのに一役買ってくれます。更にリコピンの吸収は加熱することで高まるそうです。ダイエットスープはリコピンの吸収にうってつけなんです。

パプリカ
パプリカには美容成分がたっぷり含まれています。その中でもパプリカに多く含まれているビタミンCは、シミの予防効果や肌の張りを生み出す効果があります。ビタミンCは加熱しても壊れないのでスープにして食べても大丈夫なんです。
またパプリカに含まれているビタミンPには血管の拡張作用があります。血管が拡張すると代謝が上がり痩せ体質に近づきます。

脂肪燃焼スープダイエットの禁止事項

脂肪燃焼スープダイエットの禁止事項
  • 飲酒禁止(飲酒している場合は24時間経ってから開始する)
  • 飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーのみ(100%ジュースは1,3,7日のみ可)
  • 炭酸飲料は飲まない(ダイエットコークもダメ)
  • 揚げ物、パン、小麦粉を使った食品は食べない
  • 甘味料、砂糖などあらゆる甘味料は取らない
  • 5日目の肉は茹でるか焼いた鶏肉で皮は食べない(煮魚でもかまわない)

ポイント
このルールは脂肪燃焼スープダイエットで、脂肪燃焼と体重の減量効果を高めるために重要なポイントです。必ず守るようにしてください。

7日間のスケジュール

脂肪燃焼スープダイエットは、7日間を1クールとされています。7日間の食事は細かく決められていますが、栄養面などに配慮されたスケジュールとなっています。

1日目 スープ&果物(バナナ以外)
スープと果物を食べる日です。バナナは、糖質が多いので食べてはいけません。

<ポイント>
果物の日は100%ジュースを飲んでOK!


2日目 スープ&野菜&ポテト
スープと野菜を食べる日です。脂質の多いアボガドや糖質の多いコーンは避けてください。

<ポイント>
夕食時に頑張った自分へのご褒美にベイクドポテトを食べて下さい。(少量ならバターもOK)


3日目 スープ&野菜&果物
2日目と3日目を組み合わせた食事メニューの日です。ポテトは食べてはいけません。野菜は、生でも茹でてもOKです。もちろんスープに足してもOK!

<ポイント>
3日目の終了時に体重を測ってみて下さい。体重が減ってきているハズです。


4日目 スープ&バナナ&無脂肪乳
野菜スープに加えてバナナ(3本)と無脂肪乳(スキムミルク)500mlを飲んでください。

<ポイント>
4日目になるとカリウム、カルシウム、タンパク質、炭水化物が不足してきます。これをバナナと無脂肪乳で補います。


5日目 スープ&トマト&肉
トマトは5~6個を目安に食べてください。肉は350g程度を「蒸すorグリル」で食べてください。

<ポイント>
お肉の調理法はなるべく脂質を落とす調理法にしてください。栄養面からトマトと肉は必ず食べること。肉は煮魚でもOK!


6日目 スープ&牛肉&野菜
牛肉は赤身のものを400g食べるようにしましょう。スープと野菜も必ず食べるようにしてください。

7日目 スープ&野菜&玄米
玄米を2膳程度、食べてください。栄養面以外にも体を慣らしていく意味で玄米は重要です。

<ポイント>
玄米は一度に食べるのではなく、3食にわけて徐々に量を増やしていくと体への負担が少ないです。


脂肪燃焼スープダイエットの効果

鈴木さんの一週間の記録をまとめてあります。鈴木さんの場合、5kg以上のダイエットに成功しています。更に注目したいのが体脂肪率の減少です。

燃焼スープダイエット1週間の推移(体重/体脂肪率) 燃焼スープダイエット1週間の推移(体重/体脂肪率)

「燃焼スープダイエット1週間の推移(体重/体脂肪率)」をご覧ください。確実、着実に体重と体脂肪率が減っている事がお分かりいただけるかと思います。体重はコンスタントに減っていますね。

特に注目したいのが、3日目以降の体脂肪率の現象です。脂肪燃焼スープの脂肪燃焼効果が目に見えて現れています。最終的に2%も体脂肪率が減っていて、脂肪燃焼効果を実感できます。
1週間で痩せるダイエットには様々なタイプがありますが、超短期で体脂肪率がこんなに下がるダイエットは余りないかと思います。プチ断食ダイエットでも体脂肪率は、ここまで下がらない事がおおいです。

スープダイエットのデメリットは?

効果が超短期間で現れた燃焼スープダイエットですが、実践した鈴木さんからデメリットも伺いました。

便秘になった

鈴木さんは、4日目から便が出なくなってしまったそうです。ただ便秘という感じよりも体内に便が貯まっていないという感想だったそうです。
体内の老廃物が3日目くらいで出来ったから便が余りでなくなったのかもしれません。
鈴木さんの場合、スープダイエット終了後から2~3日で便秘が治りました。

タンパク質が少ない

1~3日目まではタンパク質を殆ど摂らないのでタンパク質不足になることを心配していました。
科学的には3日間ていどタンパク質を食べなくても問題はありません。タンパク質不足は、筋力低下の原因となります。ただ燃焼スープダイエットでは4日目以降にタンパク質を多く摂ることになるので、タンパク質不足からなる筋力低下の心配はないです。しっかりと計算されたプログラムだからこそ、糖尿病患者さんの治療でも使用されているのです。

リバウンドが心配

超短期で痩せることに成功した鈴木さんですが、その後のリバウンドが気になるそうです。今のところリバウンドはしていないようですが。
燃焼スープダイエットでは、最終日に玄米をたべています。これはダイエット終了を体に伝えるサインでもあります。リバウンドダイエット終了後は、一気に食事を戻すのではなく、徐々に食事量を増やしていきましょう。体を少しずつ慣らしていくことでリバウンドしにくくなります。

燃焼スープダイエットの感想

燃焼スープダイエットの口コミ

燃焼スープダイエットに挑戦した鈴木さんからの感想と口コミです。
1週間のスープダイエットで、一番の感想は空腹と戦わなくても良いことです。スープは量を気にせず食べられるので、お腹が減っているのを我慢することがありませんでした。
スープの味については、3日目くらいから飽きがきました。同じ味付けは辛いです。カレーパウダーやチリソースを使うと多少は味に変化がつくので良かったです。もう少し味のバリエーションがあると楽なのにと思いました。

私の場合はキムチと味噌で味の幅を広げました。両方とも調味料としても優秀なうえ、発酵食品だから体にいいのかなって思っています。
1週間で体重が5kg、体脂肪率も2%下がったので満足しています。リバウンドも今のところありません!ダイエットをお考えの方は、1週間本気で取り組める意志があるのならオススメです。

最後に

脂肪燃焼スープダイエットは、いかがでしたか?実際に5kgの減量は凄いですよね。1週間という超短期的な期間で効果が出るならやってみたいと思いませんでしたか?
また脂肪燃焼スープはレシピ本も多く出ているので、味のバリエーションを増やしたい方は参考にしてみてください。