豆乳で生理後のダイエット効果が上がる!

豆乳で生理後の ダイエット効果が上がる!

女性なら毎月訪れる湯鬱な期間、それが生理です。気持ちが落ち込みがち、体も重い、そして体重も重くなる、それが生理期間ですよね。
女性の体はホルモンの影響で生理前の1週間~生理終了までの間は体重が増えやすくなるんです。逆に生理後の1週間はダイエットに最適な期間であることは、多くの方はご存知かもしれません。
参考
この生理のリズムを上手く使ったダイエット方法があるんです。それは「生理前豆乳ダイエット」です。やり方とタイミング、なぜ痩せるのかを紹介していきます。

生理前後のダイエットどうしてます?

生理後に増えてしまった体重を減らそうと努力している女性は多いです。食事制限をしたり運動をしたり、色々な方法でダイエットに励んでいますよね。
でも生理は毎月くるもの。毎月の生理後に食事制限や運動をして体重を減らして、翌月に生理中で体重が増えて、生理後にダイエット・・・の繰り返しですよね。そこでこの繰り返しから抜け出す為にオススメしたいのが、『生理前豆乳ダイエット』です。

飲むだけ『生理前豆乳ダイエット』のやり方(タイミング)

『生理前豆乳ダイエット』は、豆乳を飲むだけ。運動や食事制限がない夢のようなダイエットなんです。本当に痩せるの?と疑問を持つ方も多いかもしれません。でも『生理前豆乳ダイエット』の口コミは、驚くほど良いんです。
実際にチャレンジしてみて、「生理のたびに体重が落ちていく」そんな嬉しい声も聞こえます。女性なら一度は試しても損はないですよ。

生理前豆乳ダイエットのやり方

生理前豆乳ダイエットのやり方はとても簡単!生理前1週間前から生理が始まる日まで豆乳(200nl )を飲むだけなんです。

豆乳を飲むときの注意

生理前豆乳ダイエットで唯一の注意です。それは『生理前1週間に1日に豆乳を200ml飲む』を必ず守ること。ついつい効果を高めたくてたくさん飲んだら良いのかなと思いがちですが量は必ず守ってください。また飲む期間も大事です。必ず生理前1週間を守ること!豆乳を飲む期間を伸ばすことは、ダイエット効果を下げてしまいます。期間を守って過剰に飲み過ぎないようにしてください。
豆乳ダイエットはイソフラボンの効果により痩せる効果を得ることができます。このイソフラボンは女性ホルモンに似ているので、過剰にイソフラボンを摂るとホルモンバランスが崩れてしまいます。

豆乳が苦手な人は?

豆乳はダイエット効果があるのも美容効果があることも知っているけど、豆乳が苦手!そんな方もいらっしゃることかと思います。

DHC 大豆イソフラボン 20日分 40粒
豆乳に含まれるイソフラボンをとるならサプリメントがオススメです。 お求めしやすい値段で販売されているので探してみてください。

商品を詳しく見る!

私の妻はホルモンバランスが悪いらしく、20代で更年期障害のような症状に悩まされていましたが、 こちらを服用し始めたところ、一段階ほど症状が緩和致しました。一口にイソフラボンと言っても多種多様なものがあるようですが、こちらの商品が妻には相性が良かったようです。

(20代 女性会社員)

ネイチャーメイドとかいろいろみたけどこれがグラムあたりの含有量が多かった。値段もリアル店舗より安いのでこちらで購入。特に不満なし。

(20代 女性会社員)

商品を詳しく見る!

生理前豆乳ダイエットの効果

『生理前豆乳ダイエット』のやり方を紹介するとこんな疑問が出てきます。
こんなに簡単で飲むだけで痩せるのはなぜ?
痩せやすい生理後じゃなくて太りやすい生理前に飲むのはなぜ?
こんな疑問を持つ方のために、生理前豆乳ダイエットの痩せる理由を紹介します。

女性は生理前脂肪を溜め込む

排卵が終わり=生理後の終わりまでは、女性にとっては、妊娠するための準備期間です。脂肪や水分を体に溜め込み妊娠の準備をする習性が備わっています。そのため、生理前は食べ過ぎなくても太りやすいし、実際に体重も増えるんです。そして生理期間中に妊娠しないと、経血と共に溜め込んだ脂肪や水分、老廃物が体外に排出されます。このため生理終了時は脂肪が排出される傾向にあるので痩せやすいんです。
『生理前の太りやすい』や『生理後の痩せやすい』は、女性ホルモンの働きによるものです。妊娠した女性としていない女性では、活発になるホルモンも変わってくるのは女性ならご存じですよね。
『生理前豆乳ダイエット』は、この生理前の女性ホルモンの働きに着目したダイエットなんです。

生理前の『脂肪の溜め込み』を豆乳で抑える

豆乳には生理前の『脂肪や水分の溜め込み』を防いでくれる働きがあるんです。豆乳は様々な栄養が含まれています。その中でも注意しているのがイソフラボンです。
イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似ているため、体内でエストロゲンと同じ働きをします。
エストロゲンは生理中から終了後に分泌される女性ホルモンです。つまりエストロゲンは、生理終了後に働く女性ホルモン=『脂肪や水分を排出する働き』なんです。
そのため生理前にエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンを摂取する(豆乳を飲む)ことで、生理前の『脂肪や水分の溜め込み』を抑えてくれるんです。

生理前に太らなければ生理後に痩せる

生理前に『脂肪や水分の溜め込み』を防いでも、生理後に『脂肪や水分を排出する仕組み』は変わりません。生理後は体の老廃物やむくみがなくなる効果は残るんです。つまり生理前に太ることを避ければ、生理後には必ず痩せるということです。

最後に

生理前の太りやすい時期に豆乳を飲んで太らなければ、生理後には自然と体重を落とすことができます。まさに夢のようなダイエットですよね。更にダイエット効果を高めるなら、生理後のダイエットも大事です。参考になる情報がたくさんあるので調べてみてください。
参考
女性を苦しめる生理と上手く向き合って効果的にダイエットをしてみては?