運動するタイミング(食前食後)のメリットとデメリット

ダイエット運動食前食後? 健康的なダイエットに運動は欠かせません。でも、『運動のタイミングっていつ?』という疑問はつきませんよね。運動のタイミングは、ダイエット方法やダイエットサイトによって、勧めているタイミングはまちまちです。今回は、ダイエットのために運動をするタイミングは、食前食後のどちらがいいのかメリットとデメリットをまとめてみました。

食前(空腹の時)

まずは、食事前で空腹の時です。このタイミングで運動をしたときのメリットとデメリットを紹介します。このタイミングは、血糖値濃度が低いことがポイントです。

メリット

食前(空腹の時)の運動メリット
  • 脂肪がエネルギーとして使われやすい
  • 食事のエネルギーが筋肉になりやすい
食事によるエネルギーが直前で使用した筋肉になりやすいです。つまり、食事でとったエネルギーが脂肪になりにくいです。
脂肪燃焼目的なら効率的
体内の血糖値が高いときは、糖がエネルギーとして使われやすいです。糖をエネルギーとして使用した方が効率が良いからです。 でも、血糖値濃度が低いと貯蓄されている脂肪がエネルギーとして使用されます。空腹時の運動は、脂肪が燃焼されやすいということです。また、運動後に食事を、する事で普段は脂肪として貯蓄に回されるエネルギーが筋肉に使用されます。つまり、食べても脂肪になりにくいということです。

デメリット

食前(空腹の時)の運動デメリット
  • 貧血やめまいを起こす危険性がある
  • 集中できずに運動の効果が落ちる
  • 筋肉がエネルギー源となる可能性がある
運動に集中できない、貧血などの危険も
空腹時の運動には注意が必要です。集中できずに運動をしていて、思わぬ怪我に繋がる可能性があります。また、空腹時は脂肪だけでなく筋肉からもエネルギーを得よう(カタボリック)とします。筋肉は復元力使用が強いです。運動でエネルギーとして使用された筋肉は、直ぐに戻るので、そこまで気にする必要はありません。

食後(空腹でない時)

次は、食後の空腹でないときのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

食後(空腹でない時)運動メリット
  • 運動のパフォーマンスが上がる
  • 貧血やめまいを起こしにくい
  • 筋肉がエネルギー源として分解されない
運動効率を求めるならこのタイミング
運動の質を考えると空腹感を感じる前の食事がベストです。マラソン先週がスタート前の3時間くらい前に食事をする理由がこれです。体が運動で必要なエネルギーを生み出す順番は、血液中の糖分→脂肪→筋肉です。筋肉が減る心配は、ほとんどありません。

デメリット

食後(空腹でない時)運動デメリット
  • 消化不良になりやすい
  • 脂肪燃焼に時間がかかる
脂肪燃焼には不向き
食後直ぐの運動は厳禁です。体の血液が消化のために胃や腸に集まっていて、体が運動モードではありません。 軽めの食事なら大丈夫ですが、食後は2時間程度の時間をおいてから運動をしてください。デメリットは、脂肪燃焼までに時間がかかることです。先に血液中の糖分がエネルギーとして使用されるためです。身体にエネルギーが満ちあふれている状態(エネルギー源となる血糖が多い状態)なので、運動の記録はでやすいパフォーマンスが高い状態です。ダイエットをしている人にしてみると、運動で脂肪燃焼がおこなわれにくい状態です。

最も効果的な運動のタイミングは?

食前食後と運動のメリットとデメリットを紹介してきました。運動するなら、どのタイミングがベストかという回答です。答えは、運動する目的により異なります。

脂肪燃焼が目的なら

脂肪燃焼脂肪燃焼が目的なら食前の運動です。やはり運動のエネルギーで脂肪が使用されることのメリットが大きいです。 脂肪燃焼の有酸素運動に加えて、デメリットである筋肉の分解を最低限に抑えるために筋トレを運動に加えると良いでしょう。また空腹時の運動は、貧血などのリスクがあるので十分に注意を払って運動をしてください。【ポイント】脂肪燃焼目的の運動 食前に有酸素運動をおこない、食後に筋トレをおこなう!脂肪燃焼を促し、筋肉の分解を最低限に抑えられます。

筋肉をつけたいなら

筋肉をつけたいなら、食後がベストです。筋肉をつけるためには、負荷をかけることが重要です。運動のパフォーマンスを期待できる食後のエネルギーが満ちあふれている状態がベストです。重さや回数を増やすために食後に、がっつりと筋トレをしましょう。

最後に

食前食後の運動タイミングはアスリートレベルになると、まだまだ議論が白熱している分野です。 ただ、一般の方で考えるなら『ダイエット目的なら食前』、『筋トレ目的なら食後』がベストで間違いありません。朝と夜の運動は、どちらのタイミングが良いの?という疑問もありますが、あまり差はないので、お好みに合わせて運動をしてください。大事なことはライフスタイルにあわせて、継続して運動をしていくことです。あなたにあった運動のタイミングを見つけてみてくださいね。