おからダイエットの簡単な方法

おからダイエットの簡単な方法
最近話題になっているダイエットに『おからダイエット』があります。おからって、そもそも何だかご存じですか?巷にはおからパウダーと呼ばれるものまで出回っています。
おからが流行っている理由や効果、さらにはレシピ集まで解説していきます。

おからって何もの?

そもそも『おから』って何ものでしょうか?大半の方はご存知かもしれませんが、紹介しておきます。

本来、大豆の有用成分であるタンパク質を豊富に含む豆乳を搾った後の廃物であるところから、値段はごく安価で庶民的な食品である。場合によっては豆腐屋が無料で分け与えたり、捨てたりすることが、古く江戸時代からあった。現在では食品としての需要が供給を大きく下回り、また品質の劣化が早く日持ちがしないため、家畜の飼料として一部を活用したり、脱水して保存性を高めて供給されるほかは、ほとんどが廃棄されている。

とのことです。
おからは、豆乳や豆腐を作るときにでる絞りかすということです。絞りかすに何故、注目が集まるかというと、栄養価が見直されてきているからなんです。
おからは、高タンパク質で低カロリー、更に食物繊維がたっぷりなんです。

最近話題のおからパウダーって?

最近テレビでも取り上げられたおからパウダーたとは何でしょう?おからとの違いはあるのでしょうか?

おからパウダーは、おからを乾燥させたもの

『おからパウダー』は『乾燥おから』の一種類です。おからを乾燥させて粉状にしたものが『おからパウダー』です。乾燥おからは粒状ですが、おからパウダーは粉末状になっているのが特徴です。最近はスーパーなどでも取り扱っている店舗が増えてきました。

おからパウダーのメリット

『おから』と『おからパウダー』には栄養価には差がありません。両者と共に高タンパクで低カロリー、食物繊維がたっぷりです。
おからパウダーのメリットは、おからに比べて保存期間が永いことです。おかはパウダーは、水分を飛ばして乾燥させているので長期保存が可能です。また粉末状ならではの調理方法(小麦粉やパン粉の代用など)がいくつかあります。

おからダイエットの効果とは?

おからダイエットには、ダイエット効果が本当にあるのか紹介していきます。

低カロリー&満腹感

おからはカロリーが低く満腹になりやすい食材なんです。豆腐ダイエットというダイエットもありますが、豆腐よりも糖質が高いので満腹感を感じやすいんです。糖質が高いといっても炭水化物などに比べたら、当然ですが低いです。
ご飯などの炭水化物を控えて、変わりにおからを加えると低カロリーだけど満腹感を得られるダイエットに効果的な食事になります。

<参考レシピ>
タニタさんに学べ☆おからご飯でしらす炒飯

実際に試してみましたがチャーハンみたいな味でボリューム感もありました。家での食事で何日かに一回くらい、ご飯と置き換えても全く苦にならなそうです。

ただ糖質制限をされてお豆腐を食べている方は、お豆腐をおからに置き換えるのは控えてください。おからの糖質は低いですがお豆腐よりは高いことだけは覚えておいて。

便秘解消!食物繊維たっぷり

おからには、食物繊維が多く含まれています。おからに含まれている食物繊維は不溶性食物繊維と呼ばれるものです。
不溶性食物繊維は、腸内に溜まった老廃物の掃除をしてくれます。なのでおからは腸内を綺麗にしてくれて便秘が解消する働きをします。

水溶性食物繊維と組み合わせて

不溶性食物繊維は便を固くすることに注意が必要です。おからばかりを食べていると、不溶性食物繊維を多く摂りすぎることになり便が頑なってしまう可能性があります。水溶性食物繊維は便を柔らかくするのであわせて摂るようにしてください。水溶性食物繊維が多い食材にはオオムギやエシャロットが、あります。

オリゴ糖で善玉菌を増やせる

おからの利点のもう1つはオリゴ糖の多さです。おからの糖質には、『オリゴ糖』が多く含まれています。オリゴ糖は腸内の善玉菌の栄養源となります。善玉菌には整腸作用があります。善玉菌が増えると便が出やすくなるので、体内に溜まった宿便がでやすくなります。体重も減りますし、お腹の張りもなくなります。

代謝促進

おからには植物性タンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は、食物性でも動物性でも共通して筋肉を作る元になります。
筋トレを下後、おからを取り入れた食事をする事で筋トレの効果が上がります。筋トレは基礎代謝をあげるだけでなく、引き締まった体を作ってくれるのでダイエットをする女性には、ぜひ取り組んで頂きたいです。

大豆サポニンで脂肪吸収を抑える

おからには大豆サポニンという物質が含まれています。『大豆サポニン』は余り聞き慣れない言葉かもしれません。近年、とても注目されている物質で、天然の洗剤(界面活性剤)なんです。
大豆サポニンの働きは?
殺菌作用や抗菌作用
抗酸化作用による脂肪抑制
毛細血管を開いて冷え性改善
上は主な『大豆サポニン』の働きです。大豆サポニンは、ポリフェノールと同様に強い抗酸化作用を持っています。抗酸化作用のある『大豆サポニン』は脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあるんです。

おからダイエットのやり方

おからダイエットを最も効果的におこなう方法を紹介します。
おからダイエットの本を出発している家村マリエさんは、3ヶ月で12キロのダイエットに成功したそうです。ただ個人的な印象としては、おからを食べて食事制限をしても普通の人は、そこまで痩せないのではないかと思います。もちろんダイエットをする人の今の体重にもよるので何キロ痩せることが可能かは、余り意味がないのかもしれません。

効果的なおからダイエット方法

おからの力を最も効果的に活かしながらダイエットをするには、食事制限(おから)+筋トレをおこなうことです。おからを食事メニューに取り入れて摂取カロリーを下げ、筋トレの効果を『おから』で高めます。筋トレにより基礎代謝を上げて、更に引き締め効果で美しく見せることが出来ます。これが最も効果的なおからダイエットと言えるでしょう。
おからを使ったオススメメニューは、以降で紹介していきます。筋トレメニューは、参考記事を読んで痩せたい部位にあった筋トレをやってみてください。

おからダイエットレシピ集

おからご飯
毎日でも食べられる無理のない配合を考えました 効果は緩やかになるはずですが、何より毎日の事を考えて♪
おからと豆乳のスムージー
生おからでおなかにたまるのに低カロリー
黒ごまおからクッキー
ダイエット用につくっても、子供のおやつですぐなくなってしまうんです。
おからノンフライコロッケ
ノンフライ・ノンオイルでもまわりがサクッ・中がしっとり コロッケ感覚!! おからの具はちょっと手抜き!

最後に

おからは地味な食材かもしれませんが、秘めたるダイエットパワーを持っている食材です。
おからには匂いがほとんどないため以外と簡単に食事へ盛り込むことができます。炭水化物に混ぜればかさ増し効果で摂取カロリーが減ります。その他の料理に加えることも栄養価が高くダイエット向きな効果があるのでオススメできます。
またおからパウダーを常備しておけば、賞味期限を余り気にすることなく、いつでもおからを料理にちょい足し出来ます。
おからを摂りすぎる事にだけ注意して、ぜひおからダイエットにチャレンジしてみてください。